基本的生活習慣 平成24年4月

子どもの健全な育ちを願うのが親です。そのためには基本的な生活習慣がしっかりしなければなりません。まずは朝ごはんをしっかり食べること、皆さんもご存知だと思いますが、朝食抜きの子は元気がなく、脳が活性化しないそうです。また夜更かしも禁物です。9時には寝てください。人間は大人も子どもも10時から11時に脳から「メラトミン」が分泌されるそうです。その分泌物には子どもの成長を抑える役割があるそうです。現代は第二次成長期(思春期)の時期が早くなっているようですが、小さいころからの夜更かしが原因の一つと聞いたことがあります。「子どもが寝ないから」という理由で夜更かしをしてしまうこともあるようですが、後から今の「ツケ」が回ってきます。かわいい子どもの将来のためにも規則正しい生活が大切です。そして、よく間違えるのが寝た時間です。3時間+5時間で8時間とはなりません。連続して何時間寝たか大切です。子どもを寝かしつけるのは親の責任です。お昼寝をする子もいますので、幼稚園と連絡を取り合って時間の調整をしてでも、夜は9時に寝るようにお願いします。「早寝早起き朝ごはん」夏休みに園長が子ども達と約束をすることの一つです。

みんなちがってみんないい

くじら館での発表会で歌った歌の歌詞の一部です。皆さんご存知の金子みすずさんの詩です。人はそれぞれに特徴があり、みんな同じではありません。子どもの成長を見る時に、昨日と今日の違いもですが、1週間前と、1か月前と比べて、その子自身がどうかという観点でお子様を見守ってあげてください。他のお子様と比べることをしてしまのもわかります。しかしあくまでもその子自身です。誰だっていいところがあれば悪いところもある、得意なこともあれば、苦手なこともある、一般的な発達より秀でているところもあれば、足りないところもある。その中でその子(個)に視点を当てるといいところがたくさんあって、そこを伸ばせば弱点だって欠点だって見えにくくなるものです。長所進展法ということを聞いたことがあります。子どものうちはできないこと、足りていないところを指摘するばかりではなく、いいところをほめて伸ばすことが大事です。「みんなちがってみんないい」とは各々の長所が違っていいということだと信じています。この1年間でお子様のいいところたくさん見つけられましたでしょうか?これからもいいところをたくさん見つけてたくさん褒めてあげてください。一年間、職員室だより、そして園長よりをご覧いただきましてありがとうございました。

相談

主語を子どもに